胸を大きく 女性ホルモン

胸を大きくするために重要な女性ホルモンを徹底解説!

 

胸を大きくしたい!そう思っている女性は少なくないはずです。しかし、何をどうすればいいのかわからない、という人もいるんではないでしょうか。

 

胸を大きくするうえで欠かすことのできない女性ホルモンについてまとめてみたので、胸を大きくしたいけどそもそもどうやったら胸が大きくなるのかわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

胸を大きくするのは2種類の女性ホルモン

胸を大きくしてくれるホルモンはエストロゲンプロゲステロンという2種類の女性ホルモンです。

 

それぞれ分泌される時期、効果などは違うので、特徴をまとめてみます。

 

エストロゲン

月経が終わる頃〜排卵の時期(卵胞期)に分泌が増えるため、エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれています。

 

子宮内膜を厚くしたり、卵胞の成熟を促進したりと妊娠する力を高めてくれるホルモンです。

 

このホルモンには妊娠の力を高めるだけでなく、女性らしい体型にしてくれるという効果もあり、胸を大きくするためだけでなく、美容などのためにも重要なホルモンです。

 

エストロゲンの効果を感じたことがある人は多いはずで、生理の後に肌荒れなどの肌トラブルが解消し美肌になったという経験がないでしょうか?

 

エストロゲンは以前から注目を集めていたホルモンで、胸を大きくするサプリなどでもエストロゲンの働きをする成分を配合することが多いです。

 

 

プロゲステロン

排卵後から月経前の時期(黄体期)に分泌が増えるため、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれています。

 

プロゲステロンも妊娠には欠かせないホルモンで、子宮内膜の厚みを維持して妊娠を継続させるなどの働きを持っています。

 

また、妊娠後のために乳腺を発達させる働きもあり、これが胸を大きくすることに繋がります。

 

胸が張ったような感覚が生理前に出てくるのはこのプロゲステロンのせいで、このホルモンも胸を大きくするには欠かせないホルモンです。

 

関連記事:
胸を大きくするサプリのワイルドヤムって?

 

 

女性ホルモンは大切に!こんな生活習慣は今すぐやめよう!

 

胸を大きくするためには女性ホルモンをしっかり分泌する必要があるんですが、生活習慣が乱れていると女性ホルモンの分泌量が減ってしまうこともあります。

 

では具体的にどんな生活習慣は避けるべきなのか紹介してみますので、当てはまっている場合は今すぐ生活習慣を改善しましょう。

 

栄養バランスの良い食事をしていない

 

女性に最も多いのはダイエットによる偏食です。いい加減な情報で無茶苦茶な食生活をするのではなく、すべての栄養素は体に必要なものだと理解して、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

特に多いのが脂質を徹底的に避けるという人です。脂質はホルモンの材料として欠かすことのできない栄養素です。

 

確かにカロリーが高いので、食べ過ぎると肥満に繋がってしまいますが、全く摂取しないのも当然問題になるんです。

 

脂質に限らず栄養素が足りなくなってしまうと、体は命を守ろうとするので、直接死に関係ないものは作らないように働きかけます。

 

ホルモンは重要なものなのですが、すぐに死に至るわけではないので積極的に作ろうとはされなくなってしまうんです。

 

ダイエットして美しくなろうと思ってしているんだと思いますが、女性ホルモンが不足してしまうと、胸を大きくするのは当然無理ですし、肌だってボロボロになってしまいます。

 

しっかり1日3食栄養バランスの整った食事をとるようにして、不足しがちの栄養素がある場合はサプリメントなども利用しましょう。

 

ストレスをため込んでしまっている

 

ストレスは様々な病気、体調不良の原因となってしまいます。

 

女性ホルモンは自律神経によってコントロールされているので、ストレスをため込んでしまって自律神経が乱れるときちんと女性ホルモンが分泌されなくなってしまいます。

 

ストレスが原因で引き起こされる問題にはターンオーバーの乱れ、冷え性などがあり、ストレスと上手に付き合っていく手段を見つけておくのは、美容にとっても健康にとってもとても大切なことです。

 

自分の趣味などを通して上手くストレスを解消できるようになっておきましょう。

 

 

胸を大きくするサプリランキングはこちら